SSL化していないサイトには「保護されていない通信」と警告がでます!

2018年7月24日にGoogleChromeにおいて、バージョン68がリリースされました。

バージョン68ではSSL化されていないすべてのサイトにおいて、アドレスバーに「保護されていない通信」と表示されます。

サイトの公開自体は可能ですが、閲覧者が不安に思いサイトへのアクセスを躊躇する可能性があります。

今後、他のブラウザでもChromeと同様に警告がでるようになりそうです。

 

SSL化していないサイトは、第三者による通信内容の傍受や改ざんなどのリスクがあるため、閲覧者に対して危険性の理解をしてもらうことと、運営者へのセキュリティ対策を促す動きが活発になっております。

弊社で構築させていただく求人サイトは様々なSSLサーバー証明書の利用が可能なのと、無料のSSLもご用意しております。

SSL対応の求人サイト構築システムをお探しならくらしナビにお問い合わせください。