ハローワーク求人の書き方は参考になるか

今回はハローワークの求人票の内容についてお話させていただきます。

表題に入る前に、この題にあたってハローワークの求人票を拝見されたことはあるでしょうか?
ハローワークの求人票が非常に簡素で、必要最低限のみの情報しかないことです。

簡素な求人表を見て求職者が条件として決めているのは、職種や勤務地、給与などで判断し応募している方がほとんどです。

ハローワークの求人票で応募している求職者は、応募した企業の社風、働く環境、企業内にどのような人材がいるかなど、全く分からないのが現実ではないでしょうか。

では、採用したい側の立場からしてみればどうでしょうか。
採用したい側は、もちろんのこと求職者の応募が多いに越したことはありません。
しかし、求職者が多ければ多いほど、それだけ対応にかかる時間はかかってしまいます。

いざハローワークで応募された方を面接しても、求職者自体も大体こんな仕事かな、など曖昧な想像をしたまま面接に来られる方が多い傾向にあります。

こうなってしまいますと、応募者は自分が考えていたのと違うと感じる方もおられ、面接者もほしい人材とはづれているという、ミスマッチになるケースが双方ともにでるため、その結果、時間だけを消費してしまいがちです。

一方で、有料の求人広告の原稿は、求職者にイメージしてもらいやすくするための文章や、また職場の雰囲気などの写真などを載せることにより、求職者が求めているものと、採用したい側が求めているものがお互いに解りマッチしやすくなります。

また、女性が積極的に採用したいのか、年齢層はどのぐらいがターゲットなのか、
オープニングや業務拡大のための大量募集など、募集内容の特徴を書くことにより(原稿規制は守りつつ)、求職者により伝わりやすくなります。

原稿を作成する際などは、どのような人材がほしいかを明確にし、そのターゲットに合った情報を数多く盛り込むことによって、求職者側にも、採用側にもメリットになります。

しかし有料の求人広告の場合、求職者が求人検索された際に同じ職種の他企業様の情報も掲載されているため埋もれる可能性がございます。
また広告枠の数を増やすと掲載料もかかります。

そこで弊社で作成している採用サイト「見てくだ採用」というサービスをさせていただいております。
「見てくだ採用」では企業様毎に採用に特化したサイトを作成させていただき、
求人内容を自由に記載いただけるもの、スタッフインタビューを求職者向けに記載いただくこともできます。

また求職者の3分の2が閲覧されている求人検索エンジンindeedを利用して求職者に閲覧いただけます。

応募がきているがミスマッチが起こっているなど採用に関するお困りごとがございましたらいつでもお声がけください。